今年もよろしくお願いいたします

2014年07月14日

『料理通信8月号』と『日本酒読本』

冷夏を心配していたのは1か月くらい前。
今は酷暑を心配する毎日です。
練馬は今日もとても暑いです。

さて、暑い夏こそお燗酒・・・
などと言いながら、冷たいお酒もスパークリングも飲みます。
夏場はお酒も炭酸割にしてみたり、ビール割にしてみたり
その日の気分に合わせていろんなものが楽しめるのも日本酒の懐の深いところ。
それでも、やっぱり温かいお酒が身体には楽だったりします。

『料理通信 8月号』の特集は「夏の酒と、つまみ」
その中で、特に嬉しい企画がありました
・フレンチのシェフにお燗酒を試していただきそれに合うお料理を想像してもらう
・自然派ワインの視点から日本酒を見てみたら?
大塚屋も、生酛のお酒をちょっぴり紹介させていただいています。
今、日本酒の個性は百花繚乱!
自分の好みに合うものを探すのはとても楽しいですよ。
ぜひお手に取ってみてくださいね。料理通信 8月号.jpg

それからもう一冊のおすすめ。
『日本酒読本』
一つ一つの記事がとても読みごたえがあります。
今流行のお酒の特集ページもあり、『竹鶴生酛』の記事もあり、『寺田本家』さんの取材もある。
お酒を仕事にしている私が読んでも面白いな〜と思う記事がたくさんありました。

日本酒読本.jpg

日本酒読本 竹鶴.jpg

こちらもぜひ、お手に取ってみてくださいね。
大塚屋でも販売しております。







posted by 大塚屋 blog at 17:33| 日記